• No : 569
  • 更新日時 : 2016/06/27 12:11
  • 印刷

ポンポンタイプのパウダーが出にくいように思うのですが、正しく使えているでしょうか?

回答

【持ち方について】
ポンポンタイプの商品は、構造上、パフが上向きになった状態ですとパウダーが出てきにくいことがございます。
 
お顔につけられる際も、パフが斜め下を向くようにお持ちいただき
パッティングするようにお肌にポンポンとのせ、
軽くストロークして均一に伸ばしてお使いいただくようにお使いくださいませ。
 
 
【使い始めについて】
使い始めは、パウダーがパフに馴染んでいないため、出にくいと感じられる可能性がございます。
パフを逆さにして手の甲などにポンポンとたたき、
よく馴染ませてお使いくださいませ。
file_image
 
【日焼け止めパウダーについて】
 
MiMCの「パウダーサンスクリーン」は、
0.1グラム以下の微量にて紫外線カットの効果がございますので、
ほんのり薄くベールがかかる程度でご使用いただけます。
 
日焼け止めは、2~3時間おきの塗り直しがより効果的とされておりますので、
こまめな塗り直しを叶えるために
重ねても厚塗りにならないような特に細かい粒子でおつくりしてます。
 
そのため、いかにも付いているというということがわかりにくいことがございますが、微量でも紫外線カットの効果がございます。
ご安心くださいませ。
file_image
 
【しばらくお使いいただいている場合】
お使いいただくうちに、パフの汚れが目立つ、粉の出が悪い、仕上がりが良くない・・・等と感じたら、
パフを洗っていただくか、新しいパフに付け替えていただくことをおすすめいたします。
 
ご購入はこちら
 
是非、ご参考にしていただけましたら幸いでございます。
 
 
 file_image
 
file_image
 

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます